男性の更年期障害|女性と違う発症期間と年齢について

感染症専門の病院

病院

感染症の疑いがある人は他人に知られたくないし、病院に通う際に二次感染の心配がある人もいるでしょう。横浜クリニックのホームページから感染症の検査キットを送ってもらいましょう。数日後にメールで検査結果が届くはずです。

More…

がん細胞を自動追尾

看護師

現代医学に進歩は凄まじく、がんの治療法も日々進化しています。そのため、放射線治療も最近は、正常な細胞を傷つけずに行なうサイバーナイフが登場しています。これはがん細胞のみを自動追尾して、放射線を照射することが可能です。

More…

女性の病気じゃない

2人の女性

更年期障害とは、40代後半から50代の女性に多く発症する症状です。女性の場合は、卵巣の機能が低下するために、ホルモンのバランスが崩れてしまい体の不調が起こるのです。そのため、長いこと更年期障害は女性特有の病気を考えられていましたが、最近の研究結果では男性にも起こる病気であることがわかりました。男性の場合は50代から60代にかけて、更年期障害にある可能性が一番高いそうです。

近年の研究では、テストステロンというホルモンの減少が原因で男性も体の不調や精神が不安定になることがあり、これを男性の更年期障害であると認知されるようになっています。主な症状は、女性と同様に倦怠感やめまい、不眠、やる気が出ないなどがあります。

日本人女性の場合は、卵巣の機能が低下する50歳前後に集中して更年期障害を発症していますが、男性の場合は非常に個人差があります。早い人では、30代後半から40代前半で同じような症状で悩まされている人もいます。また、70代になっても症状が収まらない人もいます。これは女性と男性の体の作りの違いでしょう。女性の場合は、急激にホルモンが低下してしまうので症状が収まるのも男性に比べると早いのです。しかし、男性の場合は、テストステロンは徐々に低下していく傾向があります。そのため、個人差が大きく、発症する年齢が早い人もいれば、70代まで症状が続く人もいるのです。男性の更年期障害ではストレスが大きく関わっています。仕事や家庭でのストレスを上手に発散することで症状も楽になるでしょう。

珍しい病気

病院

胸の痛みや咳、呼吸困難の症状がある場合は、胸腺腫瘍の可能性もあります。これは非常に珍しい病気ですが、適切な治療を行なうことで完治出来ます。主流の治療法が外科手術ですが、放射線療法も同時にすると効果的です。

More…