男性の更年期障害|女性と違う発症期間と年齢について

珍しい病気

病院

世界には非常に珍しい病気にかかる人もいます。胸腺腫瘍も非常に珍しい病気の一つで、胸腺腫の場合がほとんどです。胸腺腫のがん細胞は正常な細胞とそっくりなので発見するのが難しく、ゆっくりと徐々に進行して増殖していきます。胸腺よりも外側に広がることは、めったにありません。そのため、増殖した細胞が体中に転移することもあるので注意が必要です。

胸腺腫瘍の主な症状は、咳や胸部の痛み、呼吸困難などがあります。腫瘍を発見するためには、定期的に胸部のX線検査を受けないといけません。胸部全体の様子を医師は確認するために、X線検査を受けて、腫瘍の大きさや位置や体液の有無を把握することが出来ます。また、CTスキャンやMRIなどの検査も有効な手段です。これを受けることで、腫瘍の正確な位置や整脈の関係を把握することが出来るようになるのです。ですから、X線検査と一緒にCTスキャンやMRIで正確な診断を行ないます。

胸腺腫瘍の主な治療方法は、現在は3つが有名です。1つめが外科療法で、2つめが放射線療法で、3つめが化学療法・ホルモン療法です。これらの治療法を進行速度に応じて行ないます。一般的な外科療法では、腫瘍になった部分を取り除くことが基本です。しかし、外科療法では完全に腫瘍を摘出しても再発する可能性もあります。そのため、外科療法でがん細胞を完全に取り死滅させるためには、放射線療法も合わせて行なうと効果的でしょう。胸腺腫瘍は、かなり長い時間が経った後にも再発する可能性があるので根気強く治療を続けることが大事です。