男性の更年期障害|女性と違う発症期間と年齢について

がん細胞を自動追尾

看護師

現代の医学は進歩しているので、一昔前までは不治の病だったがんも今では、早期発見して適切な治療を受けることで完治出来る病気になっています。さらに医学は進歩していて、人間では出来ないような細かい作業もロボットで可能にしています。このロボットの総称をサイバーナイフといいます。サイバーナイフは、高精度のロボットアームに小型の放射線治療を搭載した設備のことです。一定の位置からがん細胞に向けて放射治療を正確に行なうことができます。そして、ロボットアームがあらゆる角度の移動することによって、様々な角度から集中的に照射するので、がん細胞には非常に効果のある治療法です。

がんの放射線治療は一般的ですが、サイバーナイフのように、がん細胞にピンポイントで多方向から照射する技術は今までありませんでした。そのため、がん細胞ではない正常な細胞までも放射線に照射されていました。しかし、現在はサイバーナイフが登場したので、正常な細胞を放射線で傷つけなくても良くなったのです。サイバーナイフの素晴らしいところは、細胞単位で照射することが出来ることです。人は治療中でも呼吸するため、わずかに動いています。呼吸による動きでも細胞単位でみると激しく振動しています。しかし、サイバーナイフには狙いをつけた細胞を、自動追尾する機能がついています。そのため、放射線を照射中に呼吸で動いてもがん細胞のみに照射し続けることが出来るのです。決して正常な細胞を傷つけることはしません。的確にがん細胞にだけ働くサイバーナイフの治療により、がんの苦しみから救われる人は多いでしょう。